つらい「つわり」の時期で食事から葉酸を摂れない場合どうするの?

つわりで急に気持ち悪くなり食事が喉を通らない、そんな酷い時でも苦しむことなく栄養を補給できる方法があったら知りたくないですか、まずはこちらで確認してみましょう。
MENU

つわり,食事,葉酸

女性は、妊娠すると自身の健康を維持するためだけではなく、

 

お腹の中にいる赤ちゃんの成長の分の栄養も摂取しなくてはなりません。

 

特に、葉酸は通常時の2倍の摂取量を推奨されている水溶性のビタミンで、赤ちゃんの神経管の閉鎖障害のリスクを減らすなどの作用があります。

 

なお、葉酸は緑黄色野菜に多く含まれている栄養素で、熱に弱いという特徴があります。

 

このために、葉酸を補給することを目的として緑黄色野菜を摂取する場合は、生に近い状態で食べなくてはなりません。ちなみに、ホウレン草の場合に妊娠中の推奨摂取量をクリアするためには、約200グラムが必要となります。

 

妊娠中はつわりで即時が摂りにくい

 

つわり,食事,葉酸

このような量を生で食べ続けるのは、通常時でも簡単ではないうえに、
妊娠中には食事を摂りにくくなるつわりという問題が発生します。これは、急に気持ち悪くなるので、食べる時だけではなく、調理中に見舞われるケースも少なくはありません。このために、一度に大量のホウレン草を食べるという方法での葉酸対策は、あまりオススメできないということになります。

 

 

なお、つわりの時期はいつから いつまでと厳密に区切ることは困難ですが、妊娠4週~15週でピークを迎えるケースが多いと考えられています。ところが、この時期は赤ちゃんの神経管が作られる時期と重複しているので、苦しくても葉酸を食べなくてはなりません。

 

このために、冷やして食べる方法や少量ずつ食べるなどと共に、
作らないで済む工夫も実施しなくてはなりません。

 

ただし、現在ではサプリメントを利用するという方法があるので、つわりの酷い時でも苦しむことなく栄養を補給することが可能となっています、

つわり,食事,葉酸

サプリメントとは、栄養不足を効率的に解消することにより、健康状態を良化することを目的としている健康食品で、対象としている栄養素が明確であるほど効果を期待できます。

 

つまり、妊娠時の栄養補給を目的とした葉酸サプリは有効性において優れているということです。

 

ただし、葉酸サプリであれば何でも良いというわけではありません。

 

小粒で匂いがないということが、飲みやすいということにつながっているので、つわりの時期でも安心して利用できます。そこでオススメなのがベルタ葉酸サプリで、厚生労働省が推奨している妊娠時の1日の摂取量である400㎍の葉酸を配合しています。

つわり,食事,葉酸

つわり,食事,葉酸

つわり,食事,葉酸

さらに、ベルタ葉酸サプリには、27種類のビタミンとミネラル、20種類のアミノ酸も配合しています。

 

このために、つわりの時期に起こりがちな栄養不足を解消する効果も期待できます。妊娠中の女性をトータルでサポートする内容を備えていることが、ベルタ葉酸サプリをオススメできる理由です。

関連ページ

つわりの時においがキツイ
妊娠初期はにおいに敏感であったり、つわりがつらい状況ですが、妊娠中だけでなく、授乳中にも大切な栄養素、葉酸サプリは飲み込みづらくないのでしょうか?
つわりの時の葉酸サプリ
つわりの時の葉酸サプリは、大きい粒は飲みにくいもの、選ぶのであれば妊娠中でも飲みやすい、小粒タイプにしましょう。
このページの先頭へ